リロケーションの費用

リロケーションとは、転勤時に自宅を留守にする場合、その自宅を誰かに賃貸できるというものですが、リロケーションを行う場合、貸主も借主も費用が発生します。
それぞれ立場によって必要な費用が異なります。
これからリロケーションで不動産所得を得ようという方、そしてリロケーション物件に入居したいと考えている方は参考にして下さい。

まず、リロケーションサービスに関する費用は、ほとんど公開されていません。
現在でもリロケーション業者は少なく、なおかつ転勤時に賃貸したいという貸主が多いからこそ、インターネットなどでは情報を公開していないのです。
不必要に費用に関する情報を提供して、貸主からの依頼が来なくなるとリロケーションサービスが普及できないからです。
とはいえ、貸主にとっても大きな負担となる費用があります。

たとえば、毎月必要になる管理手数料です。
この手数料は、リロケーション業者によって大差はありません。
リロケーション会社を選ぶ際には、費用よりも信頼できる入居者を紹介してくれるところ、そしてサービスやその会社への信頼性の高い業者を選ぶべきです。
入居者が決定した際には、契約時の事務手数料なども必要です。
また、保証料も必要ですがそれ以前に、入居者を募集する際にも、管理委託を申し込む際の手数料が必要となります。
当サイトでは、リロケーションに関するおおまかな費用をご紹介します。
特に入居者を募集されたい方は参考にして下さい。


[Special Site]
長期の海外転勤が決まった際などに便利な自宅の家賃査定サイトです > 海外転勤